スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社関係登記

会社登記とは

  会社や法人についての登記は登記義務が課されています。また、会社の設立などは登記することによってその効力が生ずることになります。専門性の高い、これら各種法人登記に関する一切の手続をお手伝いいたします。

会社登記は商業登記の一種です。

  • 会社・各種法人・組合等を設立するとき。
  • 役員が就任・再任・退任したとき 。
  • 資本金を増やしたときや、本店を移転したり支店を開設したとき。
  • 合併や営業譲渡など企業再編をするとき解散や清算をするとき。
  • 商号や事業内容を変更するとき。

たとえばこんなとき

Q:新たに会社を設立したいのですが、どれくらいの費用がかかりますか?
A:株式会社については資本金(1円以上)、登録免許税(15万円)、定款認証費用(5万円位)、のほか、司法書士に依頼すれば報酬がかかります。また電子定款を利用しない場合には、収入印紙4万円が別途かかります。資本金の振込について金融機関の証明書(払込金保管証明書)が必要な場合(募集設立の場合)には金融機関の手数料が別途かかります。
合同会社、合名会社、合資会社については登録免許税6万円の他、出資金又は資本金と、司法書士に依頼すれば報酬がかかります。定款に公証人の認証は不要ですが、電子認証を利用しない場合には収入印紙4万円がかかります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。