スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相続・遺言信託

相続

相続について

 不動産の所有者に相続が発生した場合、相続人への所有権等の移転登記が必要になります。
相続登記をしないまま放っておくと,後々不利益を受ける恐れがあります。
例えば、相続登記をしないうちに相続人に相続が発生してしまうと、当初予定していたような相続登記ができなくなったり、様々なトラブルになりかねません。
なるべく早く済ませておいた方が良いでしょう。

サービス内容

  • 相続人を確定する相続調査
  • 遺産分割のための協議書等申請に必要な書類作成をし、法務局へ申請します。
  • 登記が完了したら法務局から書類を引き上げ、権利証などの書類をお客様に返却いたします。
遺言信託

遺言について

 遺言とは、その人の自由な意思により、自分の財産を処分でき、
その人の死後にその意志を実現するために法律によって認められた制度です。
また、財産に関することだけではなく、認知や後見人の指定等の身分に関してもその人の意思を尊重し実現することが認められています。
遺言も種類が分かれていますがトラブルが起こりにくい公正証書遺言が多く使われています。
これは、証人2人以上の立会いが必要になりますが遺言者が口で言うのを公証人が筆記するものです。
遺言の原本は公証人役場で保管されているため紛失のおそれもなく、遺言執行が容易なのが特徴です。
司法書士に依頼すれば証人も司法書士が兼ねる形になるので遺言者が他に証人を探す手間も要りませんし、
事前に遺言者と打ち合わせをして遺言書の原案も作成しますのでお客様の希望に近い形で遺言証書を実現できるでしょう。

サービス内容

  • 遺言作成サポート
  • 公証人役場に証人として同席、立会い
  • 遺言執行
  • 諸手続き(死亡後の各庁及び銀行への届出)

遺言でできること

  • 相続に関すること
  • 身分に関すること
  • 遺言執行者の指定、指定の委託
  • 財産処分に関すること

こんな方におすすめします。

  • 「争族」を未然に防止したい
  • 実情に合わせて合理的な遺産分割をしたい
  • 相続人以外の方に遺贈したい

 遺言書は「争族」を未然に防ぐだけでなく、遺言に思いを反映することで、のこされた人への愛情や感謝を伝えることもできるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。